2023.03.06

大博多山(だいはたやま)

ブナの森が魅力の一等三角点の山【会津百名山、新・うつくしま百名山】

地元では「でぇはたやま」と呼ばれ親しまれている山です。山頂には一等三角点が設置され、三角点愛好家の間で人気があります。

 

登山マップ

【登山口までの行き方】
国道401号から青柳橋で伊南川を渡り、青柳集落を通り、久川の橋の手前から林道青柳線に入り、4㎞程走ると登山口。
林道青柳線は途中から未舗装の砂利道。車一台が通れるほどの道幅。待避所あり、分岐は広くUターンできる。
【駐車場】
登山口駐車場は普通車5台程のスペース。
奥会津博物館伊南館の駐車場(無料)も利用可能。登山口まで徒歩約40分。
【公衆トイレ】
大博多山にはトイレはありません。
公衆トイレは農村公園内(大手門橋を渡って右手の公園)、あるいは道の駅きらら289でおすませください。
【日帰り温泉施設】
古町温泉赤岩荘、または道の駅きらら289がおすすめです。
【登山と併せて散策】
伊達政宗の来襲に備えて築城された山城の久川城跡は公園になっており、散策できます。

☆大博多山登山マップのダウンロードはコチラ

 

標高×歩行時間

登山口から少し歩くと水場(縦向川)。急な斜面は尾根上まで続く。途中の赤松の巨木は休憩ポイント。
尾根上から尾根道となり、前衛峰までゆるやかなアップダウンが続く。
前衛峰から山頂が望め、20分ほどで一等三角点の山頂に着く。

 

一等三角点の山

360度大パノラマで会津の山々が望めます。天候や木々の陰で見えないこともあります。天気が良いと遠くの那須連峰、日光連山なども見えます。

山頂からの風景。南東の唐倉山、七ヶ岳方面。

林道青柳線
※下記グーグルマップの📍ポイント

林道は途中から未舗装。
ここにチェーンがかかっているときは外して入ってください。※車を通したらチェーンはもとに戻してください。

大博多山登山口

登山口から、少し歩くと左手に縦向沢に降りる水場がある。

新緑の春

タムシバやムラサキヤシオが咲き、残雪の三ツ岩岳が望める。

紅葉の秋

色鮮やかな紅葉を楽しめる。

オススメ!

下山後は100%源泉掛け流し温泉がおすすめ

下山後は古町温泉「赤岩荘」の100%源泉掛け流し温泉で疲れた体を癒やすのがおすすめ。
塩分、鉄分を多く含む赤銅色のお湯が特徴の温泉です。露天風呂、内風呂、休憩所、食堂がある。
【営業時間】9:30~20:00
【定休日】毎週水曜日
【料金】大人600円

住所 南会津町青柳地内
電話番号 0241-64-5711 (伊南観光センター)
交通アクセス 🚈会津田島駅⇒会津バス(内川方面行き)青柳下車⇒徒歩70分
🚙国道401号から青柳橋を渡り、青柳集落から久川の橋の手前の林道青柳線(未舗装路)を4㎞走ると登山口
営業時間 【登山時期】5月下旬~11月上旬
駐車場 普通車 5台

周辺の観光スポット

民宿 田吾‶作

日本有数の豪雪地帯でもあるこの土地には、春の山菜、夏の鮎、 秋には色鮮やかな紅葉とキノコな...

もっと見る

温泉民宿 ももたろう

5月頃ですとわらび狩りを楽しむことができます。入園料無料持ち帰り分は、別途料金となります。...

もっと見る

屏風岩

偉大な川の力驚くべき景観を造り上げます。伊南川の急流が、長い歳月をかけて形づくった奇岩・怪...

もっと見る

古町温泉 赤岩荘

自慢は「お湯」と「自然」だけです。 おしゃれな浴槽やサウナはありません。 手をかけるのは毎...

もっと見る

ロッジ 溪山

新緑の眩しさ、川を流れる水の音、野鳥・昆虫・川魚と触れあうことができ、山が一面紅葉するすば...

もっと見る

久川城跡(ひさかわじょうあと)

  久川城とは 東に伊南川、西に滝倉川、北は久川が麓を流れる四方を急崖に囲まれた...

もっと見る

アクセス

南会津町のオンラインショップ MINAMIAIZU iimono

まちの案内人

会津田島祇園祭バナー

満喫!南会津の魅力

南会津の米

スキー&スノーボード

んだべぇ

南会津の地酒

南会津のそば

About Minamiaizu

物産品電子パンフ