2022.05.18

次回をお楽しみに!

尾瀬国立公園 田代山

世界的にも稀な台地状の山頂湿原を有する自然の宝庫。

令和4年度山開き・県道栗山舘岩線について

【令和4年度山開きについて】
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、山開き式典、シャトルバス運行は行わず、6/11㊏と12㊐の2日間の分散開催とさせていただきました。

 

【県道栗山舘岩線について】
・猿倉登山口までの県道栗山舘岩線は、南会津町水引地区を過ぎると砂利道になります。普通車でも通行可能ですが、段落や落石等がありますのでご注意ください。
・水引地区を過ぎると携帯電話は圏外となりますのでご注意ください。
・猿倉登山口駐車場までは、国道351号から約18㎞、40分~1時間かかります。
・田代山のトイレは猿倉登山口駐車場と山頂にございます。※尾瀬のトイレはチップ制100円。

県道栗山舘岩線(福島県側/南会津町水引地区~猿倉登山口)は6月中旬になります。県道栗山舘岩線(栃木県側)は現在、法面崩壊により前面通行止めです。なお、解除時期は未定となっております。

 

尾瀬国立公園 田代山について

「山上の楽園」とも呼ばれ、山頂湿原ではワタスゲ、チングルマ、ニッコウキスゲなど約400種にもおよぶ高山植物を楽しむことができます。山頂からは会津駒ケ岳、燧ケ岳、遠方に飯豊連峰、吾妻連峰の雄大な眺望も魅力です。

 

尾瀬国立公園 田代山 マップ

 

登山ルート

◇田代山往復コース(約3時間30分):猿倉登山口⇒(120分/2km)田代山山頂 ※初心者向け

◇田代山・帝釈山山頂往復コース(約5時間40分):猿倉登山口⇒(120分/2km)田代山⇒(90分/2km)帝釈山 ※体力を要する行程です。中級者向け

◇田代山・帝釈山縦走コース(約4時間30分):猿倉登山口⇒田代山山頂⇒帝釈山山頂⇒馬坂峠登山口 ※馬坂峠登山口から桧枝岐村内まで約15㎞の林道になります。バスはありません、タクシーの予約等が必要。

※木賊登山口への宮里林道は川衣ゲートより先は工事中のため車両通行止です。

 

みんなで守ろう、尾瀬のマナー

尾瀬の豊かな自然の保全と利用をはかるためにマナーを守りましょう! ・ゴミは持ち帰りましょう 

・動物(ペット)を持ち込まない

 

田代山シャトルタクシー

「田代山へはどう行けばいいの・・・?」「山道の運転は不安・・・」そんな皆様へおすすめプランです! 駅または、お宿さんから田代山登山口への送迎シャトルタクシーです。1名様からご利用いただけます。

※事前予約制  受付/利用日の7日前の17:00まで

▶みなみあいづ観光 ☎  0120-915-221 または 0241-62-2250  (9:00~17:00)年中無休

 

早朝特急&貸切シャトルタクシーで行く花の百名山”田代山”

駅から田代山登山口まで貸切シャトルタクシーで楽々移動♪ 南会津お楽しみクーポン付き!
東武鉄道 特急リバティ会津(早朝発)+貸切シャトルタクシーを利用した東武の旅行プランです。
田代山プランのみ、お一人様1,000円分の南会津お楽しみクーポンが付きます。
《お申込み・お問合せ》 ▶東武トップツアーズ

 

登山後の疲れを癒す温泉

湯ノ花温泉は約700年前の鎌倉幕府の時代に発見されたと伝えられています。現在は、共同浴場が4か所あり、200円で4つの温泉を巡れます。また、旅館・民宿もあり、田代山登山の前泊・後泊におすすめです。詳しくは下記👇の写真をクリックしてください。

 

もう1泊して、ゴルフとジップラインを楽しもう♪

空にもっとも近い「たかつえ地区」でジップラインアドベンチャーや眺望のよいゴルフ場で楽しみませんか。たかつえ地区にはホテル、ペンション、民宿と宿泊施設も充実しています。詳しくは下記👇の写真をクリックしてください。

 

田代山の不思議

「田代(たしろ)」とは田んぼや湿原のことをいいます。ふつう湿原は水の集まる湿ったところにできることが多いのですが、田代山は山のてっぺんに見わたす限りの湿原が広がっています。これは全国的にもめずらしい景観です。田代山の湿原は雪や雨による水分と水はけの悪い地層によってもたらせれたといわれています。田代山の湿原と森林を空から望むとまるでプリンのような形をしています。

田代山の弘法さま

田代山では昔からさまざまな神事が行われきました。江戸時代には山頂に田代神社がまつられ、雨乞いなどが行われてきました。1912年、真言宗の高僧と地元の神主と剛力で弘法太師の像を山頂にまつりました。その後弘法大師堂が建てられ、弘法さまと田代大明神は湿原とふもとの村を見守る位置に安置されました。今でも約100年前と変わらない姿で弘法さまが私たちを迎えてくれます。

田代山の天狗伝説

田代山の山頂湿原には、ハイマツやネズコなどの灌木がとび島のように生えており、この一角に「天狗の庭」と呼ばれるところがあります。その昔、田代山南側の斜面にある鳥居岩と呼ばれる岩の横穴に小天狗が住んでいました。その小天狗はよくこの場所で遊んでおり、山に登ってきた村人を驚かせていたそうです。

 

空撮映像

山頂に広大な湿原(25ha)を有する世界的に稀有な山「田代山」の空撮映像をお楽しみください♪

猿倉登山口への林道

県道350号(栗山舘岩線)は、水引集落を過ぎると13㎞ほど緩やかな登り道での未舗装道となります。※栃木県側は通行止めです。※冬期間は福島県側も通行止めになります。
(令和3年11月15日㊊より冬期通行止め、開通は例年6月中旬)

猿倉登山口駐車場と登山口トイレ

駐車場は登山口に10台程度と公衆トイレ前駐車場に40台程度。※尾瀬のトイレはチップ制100円です。※トイレは冬期間閉鎖(令和3年は11/5㊎に閉鎖予定)

水場

登山口から10分ほどに水場があります。これより上に水場はありません。

山頂公衆トイレ(手前)と避難小屋(奥)

帝釈山への分岐付近に弘法大師堂を兼ねた避難小屋があります。テラスにはベンチもあります。※尾瀬のトイレはチップ制100円です。※トイレは冬期間閉鎖(令和3年は10/31㊐に閉鎖予定)

ランチ・休憩におすすめの場所

避難小屋の裏手(帝釈山方面)に木のベンチがあります。

住所 南会津町湯ノ花
電話番号 0241-64-5611
交通アクセス ・お車の方
東北自動車道西那須野塩原IC⇒国道400号・塩原温泉⇒国道121号・上三依⇒国道352号・羽塩⇒県道350号(県道栗山舘岩線)・松戸原⇒湯ノ花温泉⇒水引集落⇒(約13㎞未舗装の道)⇒猿倉登山口 ※県道栗山舘岩線・栃木県側は現在、法面崩壊により全面通行止中です。栃木県側へ通り抜けはできません。

・電車の方
東武浅草特急利用⇒鬼怒川温泉・鬼怒川公園・藤原 野岩鉄道乗換⇒「会津高原尾瀬口駅」下車
①会津高原尾瀬口駅乗換・会津バス(桧枝岐方面行き)⇒「舘岩観光案内所」下車、タクシー乗換(18㎞:約40分)⇒猿倉登山口
 タクシー ※事前予約制(会津交通☎0241-78-2017)
②会津高原尾瀬口駅からシャトルタクシー運行 会津高原尾瀬口駅乗換⇒猿倉登山口(約70分)
 ※事前予約制(みなみあいづ観光☎0120-915-221)
駐車場 猿倉登山口:約50台 公衆トイレ(水洗)あり
施設設備 ・山頂トイレ(水洗)※チップ制
・弘法大師堂を兼ねた避難小屋あり
URL https://www.pref.fukushima.lg.jp/w4/oze/

周辺の観光スポット

2022年 南会津町の山開き【5/18更新】

「南会津」地域には、まだまだ原生のままの貴重な自然が多く残っています。 手軽に登山を楽しめ...

もっと見る

たかつえ木工センター

糸ノコを使って、オリジナルパズルやキーホルダー、ブックスタンドなどを作ってみませんか?イン...

もっと見る

旅館 末廣

奥会津ののどかな自然に包まれた参観にある旅館末廣。四季折々の美しい風景、清流湯ノ岐川が流れ...

もっと見る

【7月1日更新】第27回会津高原たていわ夏まつり&花火大会

【2022年7月30日㊏】第27回 会津高原たていわ夏まつり&花火大会開催決定!! スター...

もっと見る

ペンション Time25

旅行好きのオーナーと、元スキー準指導員の娘、ダイビングインストラクターの息子の3人で皆様を...

もっと見る

プチホテル ガーデンまつぶし

客室のバリエーションも豊かで、ツインをはじめ、ゆとりたっぷりの和洋室などもあります。 女性...

もっと見る

宿 紅葉館

1988年開業。 山や川・雪に花・星など田舎の自然と食に癒され楽しい一日を お過ごしいただ...

もっと見る

アクセス

南会津町のオンラインショップ MINAMIAIZU iimono

まちの案内人

会津田島祇園祭バナー

満喫!南会津の魅力

今が旬三色アスパラガス

スキー&スノーボード

んだべぇ

南会津の地酒

南会津のそば

About Minamiaizu

物産品電子パンフ