2015.03.27

前沢集落・前沢ふるさと公園 

奥会津の昔を今に伝える「前沢曲家集落」は、人間と同じように大切にされてきた馬と一緒に暮らす便利な造りにできています。
馬は、田畑を耕し、暖房用の燃料となる蒔や住まいの建築用に切り出した材木を運ぶのに大活躍しました。
特に雪深い奥会津では2~3mも積もった雪の中を馬車で物資を運搬したり、人間の何十倍もの仕事をしました。
曲家は、この馬に食べさせる「餌」の倉庫も備わっていました。「したえん」といわれる部屋には「囲炉裏」があり、大家族の食事の場であり、夜なべをしたり、おばあちゃん、おじいちゃん、お母さん、お父さんの教えを子供に伝える場でもあったそうです。

 

【前沢集落の歩み(簡略)】※詳しくは前沢集落ホームページをご覧ください。

<明治40年>

全戸焼失する大火に見舞われ、同一大工により各戸同じようなL字型の曲家の住まいを建てたことに依って現在の
ような家並みが形成されている。

<昭和63年>

自然と文化的特徴のあるこの「中門造」と言われる茅葺き屋根の曲家が多く残されてきた歴史的文化遺産のある地区として、「風致地区」と指定して住民とともに保存に努める。

<平成23年>

文化庁より「重要伝統的建造物群保存地区」の指定を受ける。

オススメ!

水車とバッタリ小屋

前沢ふるさと公園には、「水車小屋」と「バッタリ小屋」があり、集落から流れてくる水を引いて動かす水車、そして「バッタリ」とは、ししおどしのように水を貯め、いっぱいになったときの反動で杵を動かし、あわやひえなどをつく器具です。昭和30年代頃までの農村でよく見られた風景と音は、郷愁を呼び起こし、「うつくしまの音三十選」にも指定されています。

前沢ふるさと公園
 ~ショウブ園~

6月上旬~7月上旬にかけて集落の手前の前沢ふるさと公園では、アヤメ、シャクヤクなどが見事な花を咲かせます。

オススメ!
オススメ!

前沢集落を一望できる展望台

展望台は、前沢集落向いに入口があります。入口からしばらくは、チップが敷いてありますので、柔らかくフワフワした心地良さを感じます。チップの歩道、階段を約10分ほど登ると展望台に到着します。展望台からは、集落をスッポリ収める写真を撮ることが出来ます。

住所 南会津町前沢
電話番号 0241-78-2795(指定管理者:会津高原たていわ農産(有))
交通アクセス 【公共機関の場合】
東武浅草、JR新宿から特急利用 鬼怒川温泉、新藤原駅乗り換え野岩鉄道乗り換え 会津鉄道会津高原尾瀬口駅下車 会津バス尾瀬桧枝岐行き約40分、前沢向下車、徒歩1分

【車の場合】
①東北自動車道西那須野塩原IC⇒R400塩原温泉⇒R121上三依⇒R352早坂⇒南会津町前沢
②東北自動車道白河IC⇒R289甲子トンネル⇒R121下郷町⇒R352早坂⇒南会津町前沢
営業時間 前沢集落内の曲屋資料館 開園時間:8:30~16:30
※4月~11月上旬まで。
※曲屋資料館は冬期間閉鎖となります。
定休日 特になし
料金 ■入園料 ▶大人 300円 ▶小人 150円 ▶団体割引 20人以上50円引き
※冬期間は入園料が無料となります。
駐車場 有り
※大型バス可
URL http://www.tateiwa-tic.jp/maezawa/index.htm

周辺の観光スポット

たかつえジップライン

スリルと爽快感が味わえるエコな新体験です。フィールド全面を使った多彩なコース設定で、今もっ...

もっと見る

旅館 末廣

奥会津ののどかな自然に包まれた参観にある旅館末廣。四季折々の美しい風景、清流湯ノ岐川が流れ...

もっと見る

尾瀬国立公園 田代山山開き

関東地方と東北地方を隔てる帝釈山脈の中央に位置し、世界的にも稀な台形状の山頂湿原を有する自...

もっと見る

みどりや商店 ハローショップみどりや

ハローショップみどりやは、観光シーズンにはドライブの休憩ポイントとして賑わっています。通常...

もっと見る

民宿 やまびこ

お食事は、地の物を使った手作り料理が自慢です。大浴場の1ヶ所は檜風呂となっております。 そ...

もっと見る

民宿 若松屋

もっと見る

アクセス

会津田島祇園祭バナー

満喫!南会津の魅力

スキー&スノーボード

んだべぇ

南会津の地酒

物産品電子パンフ

facebook

twitter

2017.05.02
  ※運行期間が5月27日(土)~と一部記載されておりますが、正しくは6月3日(土)~です。   災害土砂崩れにて入山禁止となっておりました国指定天然記念物「駒止湿原」が今年より、従来入口の反対側「...

【続きを読む】